#ギリキュウ 001 #ラーメンに入っていたらびっくりするもの

ギリキュウいただきます!

「#ギリキュウ」は大喜利フィクションズ(サワダ・シンザキ)による大喜利トークポッドキャストです。
大喜利を気軽に遊ぶことをコンセプトに、毎回お題に対して即興で回答していきます。

まずはお聴きいただき、自分でもおもしろ回答が思いついた方は、下記を参考にTwitterを利用してぜひ参加してください!

◎ハッシュタグをつけて回答する。
Twitterでのツイート時に「#ギリキュウ #ラーメンに入っていたらびっくりするもの」をつけて回答してください。

◎このページから回答する
右のリンクをクリックして、回答してください。 →→→ 回答する

※万が一他のTwitter大喜利のお題と混ざってしまわないように回答には必ず番組のハッシュタグ「#ギリキュウ」も付けておいてください。番組ハッシュタグがついていないものに関しては無効とさせていただきます。

皆様の回答は特別回「昼休み」にてピックアップしてご紹介させていただきます。


「#ギリキュウ」におつきあいくださる皆様へ

お笑いの演目として昔からある大喜利ですが、最近はテレビはもとよりインターネット上でも大喜利コンテンツがたくさんあります。

ここでいう大喜利は、出題者の出したお題に演者がひねりをきかせて答える、というシンプルなものを指しているのですが、ことインターネットにおいてはWEBサイトやスマホアプリなどで、芸人でもない一般素人でも参加できるものもあり、非常に気軽に参加できる遊びとして多くの人に楽しまれているなあと感じます。

特にTwitterではハッシュタグを使った大喜利遊びがしっかり定着しており、僕たち自身もリツイートで回ってくるお題に対して回答していることも多くあります。

このTwitterでの大喜利遊びをポッドキャストを絡めてやってみようというのが、この#ギリキュウ〜大喜利休憩〜という番組です。

ポッドキャスト番組でも大喜利番組は結構ありますし、1コーナーとして取り入れている番組もたくさんあります。
それらを聴いて、僕たちも以前から大喜利のポッドキャスト番組をしたいなあと思っていました。

実は何回かプロトタイプを作ったことがあるのですが、いざやってみるとお題の準備は大変だわ、また回答するにはお笑いのセンスはいるわで、既存の大喜利のような番組として続けていくのは難しい!と感じ、現在の形になりました。
(ちなみにプロトタイプの時の番組名は「大喜利休」でした。)

大喜利を気軽に長くやるにあたってTwitterでの大喜利遊びという文化は非常に優れていると思います。

正直僕たちの回答のクオリティには何かと言いたいことも出てくるでしょうが、自分なりの回答を思いついた方にもTwitterで気軽に参加できる方法も用意しましたので、長くお付き合いしていただければと思います。

それではギリキュウいただきます!

サワダ

大喜利フィクションズ
サワダとシンザキによる大喜利ユニットです。

サワダ
神戸を中心に活動しているポッドキャスター。
数多くのポッドキャスト番組を主宰。
「狭くて浅いやつら」「SCLのコエンタイム!」等、定期的に配信。
詳しくはこちら

シンザキ
神戸を中心に活動しているトークライバー。
ポッドキャスト番組「シンザキンストリーム」主宰。
神戸三宮「KOBE 16bit」でのトークライブを定期的に開催。
詳しくはこちら